カテゴリ:小笠原航路( 7 )

コアホウドリ

楽しかった小笠原航路も最終編に
このツアーを申し込んだのは 未だに出会った事が無いアホウドリを観たくて参加しました
クロアシアホウドリに出会えましたが おいらのイメージのアホウドリではない。。。。。
やはり白い系のアホウドリに会いたいです

地平線から いきなり現れた時には びびりましたね(笑)

e0049063_19474453.jpg
e0049063_19475713.jpg
e0049063_19480997.jpg
言葉は要りません 格好いいね~
e0049063_19482258.jpg
e0049063_19483623.jpg
e0049063_19485123.jpg
今回はコアホウドリでしたが
行く前にイメージしてたアホウドリを観て 撮れ 大満足でした
何枚も撮りましたが まぁ似たような写真なのでね

実はチャンスがもう一度有り 舳先方面で とても近くを船と並走して飛びました
機材を持たずに舳先のデッキで 間近のコアホウドリを観て興奮しました
相棒は急いで手持ちで撮ったので 凄い写真を撮られてましたよ(笑)

はーい おいらも しっかり この目に焼き付けましたのでOKです

これにて小笠原航路でのレポートは終了しますが
次回 また機会あったら 「アホウドリ」を観たいなぁと 「コ」の付かないやつをね(笑)

長々と見難い写真を並べ 皆さんにはご迷惑をおかけしましたが
おいらには嬉しい、、、楽しい、、、、船上撮影を経験しました

by hama_usagi | 2015-03-31 20:03 | 小笠原航路 | Comments(8)

小笠原航路 追加編

そろそろ小笠原遠征も終わりになりますが
クロアシアホウドリで載せてない画がみつかりましたので
最終編の前に一枚追加します

e0049063_17351601.jpg
この一枚が一番クロアシアホウドリを紹介するのに良かったのに
うっかり載せるのを忘れてましたので 追加しました

この一枚だけでブログアップも寂しいので
何度か現れたクジラを

e0049063_17343933.jpg
マッコウクジラと言う事です
何度か潮吹きはしたのですが見事な尻尾を見せる事はありませんでした 残念

そしておまけ程度ですが トビ魚を
e0049063_17345693.jpg
2-3回 挑戦しましたが いやーー難しかった(笑)

さて 小笠原航路遠征も残すとこ1種になりました
それをもって最終としますね
細かい画ばかりを載せ 皆さんもお目目がお疲れでしょうからね

by hama_usagi | 2015-03-30 17:40 | 小笠原航路 | Comments(10)

オナガミズナギドリ

米粒ほどの画を あーーーーだの こーーーーーーーーーだのと
酷い画と格闘してて かなり 可愛いうさぎの目が疲れてきましたが
これまた初撮りですが オナガミズナギドリ この子はよゐこで船と並走して割と近くを飛んでくれました

e0049063_08520320.jpg
e0049063_08522084.jpg
e0049063_08523403.jpg
海面ばかり見ていると なんだか船酔いしますので
父島に3時間ほど上陸した時間に400㎜F4も持参したので ぶらっと近場の公園に

ウグイスが気持ち良さそうにあちら、こちらで鳴いているのですが
姿を見せず ここのウグイスは亜種ハシナガウグイスなので撮りたかったが 一度もチャンス無し
ヒヨドリも何度も目の前を2-3羽で通過してましたが見える範囲では止まらずオガサワラヒヨドリも宿題に

どうにか撮れたのはオガサワラメジロだけと思っていましたが
e0049063_08525027.jpg
e0049063_08530457.jpg
e0049063_08531695.jpg
亜種シチトウメジロ とイオウトウメジロの交配とかで
亜種扱いから外されたようですので 一部訂正をしました。

by hama_usagi | 2015-03-28 09:05 | 小笠原航路

シロハラトウゾクカモメ

トウゾクカモメ類は 未だに見た事も撮った事も無かったのですが。。。。
沖を飛んでたこの子 明らかにカモメ類の飛び方でしたので米粒でしたが撮っておきましたが
さて 同定するにあたり クロトウゾクなのかシロハラトウゾクなのか迷いましたが

e0049063_08072115.jpg
どちらでも体面下は白いのですがクロトウゾクとしては胸部分も白い
そして中央尾羽がこの画ではわかり難いですが長いですね

シロハラトウゾクカモメと決められたのは次の画です

e0049063_08073211.jpg
この画でも尾羽が中央部分が長いのがわかりますが
それ以上に 外側初列風切2-3枚の羽軸が白いのが はっきりとわかりましたので
「シロハラトウゾクカモメ」として登録します

どの写真も沖合の遠い写真で おいらにしては珍しく等倍の画を載せましたが
やはり 見難いし粗い画で情けないです

おまけにカツオドリも1枚載せておきますが
e0049063_08074274.jpg
どれも等倍の雑な写真ですのでコメントも怖いので(笑)コメ蘭閉じます

海鳥シリーズなので 興味無い人が多いので どうせコメントも少ないし(笑)
まぁ 他人の為に鳥ブログを運用している訳でもなく 自分の記録として遊んでいるのでね えへっ

by hama_usagi | 2015-03-28 08:19 | 小笠原航路

オオミズナギドリ

ミズナギドリの仲間ではオーソドックスなオオミズナギドリ
航路の何処でも観られたかな 撮影も手抜きした感が有り反省

e0049063_19280889.jpg
e0049063_19282597.jpg
e0049063_19284339.jpg
e0049063_19285503.jpg
さて
今回の難問はこの子です
e0049063_19330801.jpg
翼下面が白く 翼角付近から初列風切前緑に黒い線が有りますが
シロハラミズナギリなら もっと線が太いので悩んでます
背面からの写真もないので決定するには悩みましたが 願望を込めて
「ハジロシロハラミズナギドリ」とします あ~ 難しい分楽しい洋上撮影です

海鳥勉強中の為、ご意見などを頂けたら嬉しいです

線が太い シロハラミズナギドリ
この子も初撮りですので 参考までに追加でアップします
e0049063_20535813.jpg
e0049063_20541240.jpg
e0049063_20542643.jpg
これだけ はっきりした線なら 識別も楽なのですがね(笑)


by hama_usagi | 2015-03-27 19:47 | 小笠原航路 | Comments(6)

オーストンウミツバメ

大賑わいしたレンジャクよりも大きいウミツバメ(24㎝)ですが
何処までも広がる海原ではゴミ程度の大きさに見え そのうえ動きが速い

難儀な撮影でした(笑)
e0049063_18542470.jpg
e0049063_18550351.jpg
ツバメと言われるように尾は深く切れ込んだ凹型でしょ
えっ
よーーく わからないって
違うカットですが これならわかるかな
e0049063_18544489.jpg
これでもわからないお方は是非眼科で検査されて下さいね(笑)

おっ またウミツバメかな

うっ・・・・・
ちょいと大きいなー
尾羽を上に上げる飛び方は まさか・・・・

e0049063_18552135.jpg
後で確認したら尾羽も2本に分かれていません
アナドリですね
まぁ どちらも初撮りなので嬉しさは一緒ですが
27㎝とわずか3㎝違いでしたが 見た感じって大事だなと 自分を褒めてあげました(笑)


by hama_usagi | 2015-03-25 19:07 | 小笠原航路 | Comments(14)

クロアシアホウドリ

レポート方式で載せたかったのですがいかんせん船上からの撮影でさ
あまりにも変化がないので個体別にだらだらと。。。。。

そして いつか暇な時にでもレポートを作ります
(但し 写真はダブルかも知れませんがね)

取り敢えず 撮りたかったアホウドリの仲間からね

e0049063_17535795.jpg
e0049063_17541176.jpg
e0049063_17543090.jpg
e0049063_17544443.jpg
e0049063_17545723.jpg
e0049063_17551239.jpg
クロアシは何度か出たので その都度設定も替わり
見づらい写真になったと思いますが この阿呆に免じて許してね

by hama_usagi | 2015-03-24 18:05 | 小笠原航路 | Comments(24)